臨床検査科

臨床検査科

三宿病院臨床検査科では、当院の特色である救急医療の充実と脳卒中や心筋梗塞などの患者さんの24 時間受け入れ態勢に対応するため、365 日24 時間体制で国家資格を有する臨床検査技師が臨床検査を実施しています。

日々の正確な検査データ提供の為、毎日の内部精度管理を行うほか、各種学術団体等が実施する外部精度管理調査に参加し第3 者評価を3 ~ 4 回/ 年20 年以上継続して受け、優秀な成績を修めています。

臨床検査科

また、診療前検査を前提としたシステム導入により、患者さん誤認防止と採血待ち時間短縮及び、採血量を減らすために検体の微量化も進めています。

採血から1 時間前後で結果を出し、主治医がコンピュ-タ端末画面で確認し、診察に役立てています。入院中の患者さんの採血も臨床検査技師が行い、正確な検査データを迅速に提供しています。

スタッフ総数

臨床検査科は、16 名のスタッフが在籍しています(令和元年4 月時点)

臨床検査技師 14 名
採血業務(非常勤職員) 2 名

検体検査部門

生化学・免疫

生化学・免疫

血液・尿・体腔液などを最新鋭の分析機を使用し、化学的に生化学・腫瘍マーカー・ホルモン・感染症・糖代謝関連などを測定することで、色々な臓器の病気や代謝異常を早期診断することに役立てます。

一般検査

一般検査

尿定性、尿沈渣検査では腎臓病、膀胱の病気、糖尿病などを、便検査では消化管の出血を調べています。

血液・輸血検査

血液・輸血検査

血液中の赤血球・白血球などの数や性状を調べることで、貧血の有無、感染・炎症・腫瘍や血液の病気が分かります。 また、出血時間や凝固能、血液型などを調べ、安全に輸血や手術を行うことに役立てています。

病理・細胞新検査

外科的手術により切除された臓器や、喀痰・尿・乳腺・子宮などから得られた極めて小さな生体組織・細胞を顕微鏡で観察し、 細胞の形態検査・診断を行なっています。

細菌検査

細菌検査

感染症の原因となっている細菌を、喀痰や体腔液などのさまざまな人体から得られる検体から培養・同定し、最も治療に効果的な薬剤を主治医へ報告しています。
また、PCR(遺伝子検査) による結核菌及び抗酸菌の検出を行っています。

生理検査部門

心電図・超音波・呼吸機能・脳波・筋電図検査を行っている部門です。
超音波検査で剪断波( Shear wave )による肝硬度も測定可能です。また、血管超音波及び脈波による動脈硬化の判定も行っています。
女性技師が担当している乳腺エコ-は患者さんから大変好評を得ています。

臨床検査科
臨床検査科

各分野には、最新医療に対応するため、専門・認定検査技師のエキスパ-トが日々努力を重ね検査を行っています。
臨床検査に対する質問などにもお答えしますので、どうぞお気軽に声を掛けて下さい。

専門・認定検査技師

※一部重複を含みます(令和元年4月現在)

細胞検査士 2 名 超音波検査士(消化器) 6 名
認定病理検査技師 1 名 超音波検査士(循環器) 5 名
認定臨床微生物検査技師 1 名 超音波検査士(体表) 3 名
認定管理検査技師 1 名 超音波検査士(血管) 2 名
認定救急検査技師 2 名 二級臨床検査士(微生物) 2 名
感染制御認定臨床微生物検査技師
(ICMT)
1 名 二級臨床検査士(循環生理) 2 名
日本糖尿病療養指導士 2 名 二級臨床検査士(病理) 2 名
緊急臨床検査士 2 名 二級臨床検査士(免疫・血清) 1 名