リハビリテーション科

診療内容
スタッフ

リハビリテーション科のご紹介

超高齢社会の到来に伴い、さまざまな疾病を起因として発生する障害はさらに複雑化するとともに、ロコモティブシンドローム、サルコペニアへの対応など、リハビリテーション医学・医療の果たすべき役割はますます大きくなっています。
現在当院でのリハビリテーション対象疾患の割合は脳卒中が6割と最も多く、ついで大腿骨頚部骨折をはじめとする整形外科疾患、パーキンソン病などの神経変性疾患、COPDなどの呼吸器疾患と続いていており、リハビリテーション科では更なる患者状態の改善、安全で効果の高いリハビリテーション医療を提供することを目標としています。
当院は脳血管疾患等Ⅰ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、心大血管Ⅰなどの施設基準のもと、脳卒中ケアユニットに入院中の方、一般床に入院中で運動や練習の必要性が高い方々には365日リハビリテーションを提供しています。2018年度より悪性腫瘍に対するリハビリテーションにも力を入れており、がんリハビリテーションチームの立ち上げとともにがん患者リハビリテーションの施設基準も取得し診療にあたっています。また当院では地域包括ケア病棟が設定されており、急性期治療を経過し、病状が安定した患者さんに対して在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援も行っています。
発症または受傷後間もない方々に対して、できるだけ早期にリハビリテーションを開始し、不要な安静による機能低下を予防し、身体的な運動療法、身の回り動作の練習、神経心理学的な評価、嚥下やコミュニケーション能力の評価・練習を行いながら、基本的な生活活動の能力向上を図り生活の改善につなげたいと考えています。
リハビリテーション科では患者さんの状態改善のため更なる治療を進めてまいります。
リハビリテーション科部長  岩本 康之介(神経内科)

理学療法

院内風景

理学療法では医師の指示のもと、すみやかにお体の状態に合わせて介入します。患者さんの「早く良くなりたい」という要望に沿えるよう日常生活動作の練習を始めます。ベッドから起きあがる、座る、立ち上がる、歩くといった基本動作を担当の理学療法士とともに練習を重ねていきます。身体機能、体力の向上に合わせて、実践的な屋外歩行練習も行います。また、必要に応じてご家族に動作介助の方法をお伝えし、家屋改修のアドバイスを行っています。
22名在籍

作業療法

院内風景

作業療法では脳卒中や整形疾患、内科的疾患等により日常生活活動に支障が生じた方々に対して練習を行います。入院早期から運動機能や高次脳機能の改善を図りながら代償的手段も取り入れ、食事や移乗、トイレなどの基本的な生活動作の早期獲得を目指しています。またその方の役割に合わせて家事や書字、パソコン操作などの練習も行っています。退院前には多職種と連携しながら必要に応じてご自宅を訪問し、住環境の評価や福祉用具の提案にも関わっています。
10名在籍

言語聴覚療法

院内風景

言語聴覚療法では脳卒中後の構音障害、失語症、高次脳機能障害、摂食嚥下障害の方に対して評価と練習を行います。嚥下機能評価では患者さんの状態に合わせて、神経内科医と嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査を実施し、その方に適した食環境の調整を行っています。また、認知症疾患医療センターにおける「もの忘れ外来」では高次脳機能評価を担当し、医師、看護師、ソーシャルワーカー等と連携しながら認知症の方が住み慣れた地域で生活を続けていく為の診療に携わっています。
6名在籍

リハビリ横断的チーム

リハビリステーション科院内横断チーム

教育体制

リハビリテーション科の新人教育の目標は、担当する患者さんに対して適切な分析と介入を行うための臨床思考過程を身に着けることです。新人職員には1年間スーパーバイザーがつき、サービスの質的向上を図るべく臨床業務を指導する体制を整えています。また、指導に偏りが生じないように、指導経験者がアドバイザーとして教育の進捗状況を把握し、スーパーバイザーに適宜助言を行う指導体制をとっています。指導に当たってスーパーバイザーは育成的視点に立ち、クリニカル・クラークシップ方式で新人職員の成長度合いに応じた指導を行っています。また、職員1人1人が院内外での勉強会や研修会を通して研鑽を積むとともに、学会発表や地域での講演活動等を行っています。

岩本 康之介(イワモト コウノスケ)

役職 神経内科医長・リハビリテーション科部長
資 格
(専門医等)
日本神経学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医、
内科学会認定医・総合内科専門医