ページメニュー

タイトル

肺ドック

近年、肺癌や肺結核、慢性肺気腫などの肺疾患が増加しており、肺に関する検診のご要望も高くなってきてます。また、肺癌の早期診断には胸部X線撮影だけでは不十分と言われています。
当院では最新鋭16列マルチスライスCT(東芝製)を導入し、最新のCT装置による検診および喀痰(癌細胞、結核菌)、腫瘍マーカーを加えた検診で実施しております。

毎週月曜日から金曜日に行っています。

マルチスライスCTとは

一般的に普及しているCTの殆どが、1方向の断面でしかも輪切りの写真でしか対応できないものでありますがマルチスライスCTでは他方向で画像作成ができ、また撮影時間、被爆線量も大幅に減少できます。
1mm厚で撮影することで微小病変まで抽出可能になっています。

脳ドック

脳卒中はそれまで元気であった中高年に突然起こりえる疾患であり、いまだに死因の第3位を占めています。
い ままでは、予見する方法がありませんでしたが、診断機器の発達により、症状がでていない隠れ脳梗塞といわれるタイプの脳卒中が早期に発見できるようになり ました。当院では脳ドックを積極的に行なっております。MRI,検査により脳、脳血管の状態を調べ、、脳卒中を予防あるいは早期に発見し治療することに努 めております。

検査内容

◆MRI,MRA(MRI を用いた血管撮影) 20分程度の撮影
◆頚動脈超音波検査

※検査結果次第では、CTA(CTを用いた血管撮影)により精査することが可能です。
※毎週月曜日から金曜日に行っています。

MRIによる血管撮影(正常例)
MRIによる血管撮影(正常例)

CT血管造影:血管のこぶ(動脈瘤)が認められる
CT血管造影:血管のこぶ(動脈瘤)が認められる

基本検査内容 オプション検査項目
料金表