ページメニュー

タイトル

治験管理室

治験管理室のご紹介

治験とは新薬としての国の許可を得るための臨床試験のことです。患者様にご協力いただき 薬の有効性、安全性の評価が行われています。
治験管理室は、治験の倫理性、安全性を最優先し、※GCP(Good Clinical Practice)に基づき信頼性のある質の高い治験が実施できるように努めています。
質の高い治験を実施するためには、管理、運営する治験管理室が不可欠であることから当院では、平成21年11月に治験管理室が開設されました。

※GCP(Good Clinical Practice=医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)厚生労働省が定めた、医薬品の臨床試験の実施の基準を指します。

医薬品の開発における臨床試験(治験)の実施にあたって、倫理性、科学性及び信頼性の確保を目的とした基準であり、遵守しなければならない治験の原則です。

治験審査委員会とは

治験の妥当性、安全性、信頼性を審査するために院内に委員会が設置されています。
この治験審査委員会は、医学・科学の専門家、非専門家及び外部委員(製薬会社や病院とは利害関係のない人)によって構成されています

治験審査委員会標準業務手順書、委員名簿、会議の記録の概要は一般の閲覧が可能です。 ご希望の場合は治験管理室までお申し出下さい。
治験の問い合わせ窓口 治験管理室 鎌田 泉 (平日:8:30~17:00)
TEL:03-3711-5771(代表)
FAX:03-5724-6106
E-mail:izkamada@mishuku.gr.jp

治験関係ホームページ

■厚生労働省「治験」ホームページ ■社団法人日本医師会推進センター
■新薬・治験情報|くすりについて|日本製薬工業協会