ページメニュー

タイトル

神経内科

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
頭痛、めまい、しびれなどの一般的身体症状や、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病やアルツハイマー病などの認知症、さらに脳卒中など神経救急疾患など幅広い分野を扱う科です。

次の症状がある方は受診をお勧めします。

これらの症状は整形外科、脳神経外科、精神科、眼科、耳鼻科の疾患でも起きます。そこで、当科で総合的な診察を行い、適切な科にご紹介することもあります。
 
なお、神経内科は神経科、精神科、精神神経科、心療内科、メンタルヘルス科とは別な分野をみる科です。これらの科は気分の変化(うつ病や躁病)、精神的な問題を扱ったり、精神的な問題がもとで体に異常をきたすような病気を扱う科です。神経内科は精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。
 
認知症学会教育施設認定証.pdf
 

扱う主要な疾患

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症などの運動ニューロン疾患、アルツハイマー病、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎、脳血管障害、脳炎、髄膜炎、てんかん、片頭痛など
特に、当科では脳血管障害と認知症の診療に力をいれています。
当院は脳卒中センターがあり、当科も一員として診療を行っています。

主な検査

当科に初めて受診される方で、すでに他医療機関を通院されている場合はできるだけ紹介状をご持参ください。また、初診の患者様は当科の特殊性から診療時間が長くなります。そのため、予約の患者様であってもお待たせしてご迷惑をおかけすることもあります。あらかじめご了承ください。

物忘れ外来

当科では物忘れ外来を行っています。

年をとるにしたがってだれもが物忘れを感じます。しかし、物忘れは「年のせい」の物忘れもあれば、「認知症」の物忘れもあります。 次のような症状があるかたはぜひ一度診察をうけてみてはいかがでしょうか?

診察

まず、ご本人の症状を問診します。日常生活の状況が参考になりますので、必ずご家族の方と来院してください。
次に一般的内科診察、神経学的診察、認知機能検査(HDS-R;長谷川式簡易知能評価スケール、MMSE;Mini Mental State Examination)を行います。
さらに血液検査、頭部MRI検査、脳血流SPECTなどを行います。
後日、これらの診察、検査に基づいて診断をし、今後の治療方針などについて話し合います。
 
認知症を来たす疾患には、アルツハイマー病が最も有名ですが、その他にもレビー小体型認知症、脳血管性認知症、正常圧水頭症、甲状腺機能異常、ビタミン欠乏症など様々です。これらの疾患は病気によって治療も変わります。また、介護の仕方も変わります。まずは正確な診断を受けることが大切です。
 

診察の手順

診察日:物忘れ外来初診:第1・3水曜日午前・第2・4金曜午後
予  約:完全予約制・あらかじめかかりつけ医に通院中の方は事前に紹介状を作成してもらい受診してください。
かかりつけ医をおもちでない方は当院医療連携室へご連絡ください。(03-3711-5771代表)
 
場 所:神経内科外来
 
フリガナ キヨヅカ テツヒト 清塚 鉄人
医師名 清塚 鉄人
役職 神経内科部長
専門分野 認知症全般
卒業年 2000年                                                 
資 格
(専門医等)
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本認知症学会専門医
フリガナ イワモト コウノスケ iwamoto.jpg
医師名 岩本 康之介
役職 神経内科医長・リハビリテーション科部長
専門分野 脳血管障害
卒業年 2000年
資 格
(専門医等)
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
              
フリガナ ヒラヤマ タケヒサ hirayama.jpg
医師名 平山 剛久
役職 神経内科医長・診療技術部次長
卒業年 2005年                                                     
資 格
(専門医等)
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本認知症学会専門医
フリガナ ヤマダ リツコ  
医師名  山田 立子
役職 神経内科非常勤医員
卒業年  2002年

各科の外来担当はこちら