ページメニュー

タイトル

スポーツ整形外科

今井一博
今井一博

スポーツ整形外科診療では、スポーツ選手やスポーツ愛好家、仕事や趣味などで身体を多く使っている方を対象に、ケガや故障について病態および原因を探り出し、スポーツ・身体活動復帰のための治療を行うとともに、再発の予防についてもサポートいたします。
特 に膝の障害に対しては、膝前十字靱帯損傷に対する靱帯再建術、半月損傷に対する鏡視下手術を行っています。足、手、肘、肩、頚、腰、股関節の障害に対して は、運動療法などの手術以外の治療を主に行い、病態に応じて手術を行います。子供から中高年者まで、早期にスポーツ・身体活動に復帰できるようにすること を主要目的として診療しています。
原則としてスポーツ復帰までフォローアップします。スポーツ障害が生じる原因として個人的要因と環境要因がある ので、その原因を改善しないと一旦症状が軽快しても再発することが多いです。そのため再発を予防するためのサポートをします。効果的なトレーニング方法の 指導・フォームの見直し、などです。障害が生じにくい身体・フォーム・身体の使い方は運動能力を高めることにも密接しています。治療により、障害を起こす 前よりスポーツパフォーマンスが上がることを目標としています。

前十字靭帯損傷

分山秀敏
分山秀敏

バスケット、サッカー、野球、バドミント ン、バレーボール、ハンドボール、スキー、レスリング、体操、スケート、ダンスは競技復帰のために、前十字靭帯再建術をおすすめします。受傷後の急性期に 再建術を行うと術後に膝の可動域制限が出ることが多いので、受傷後1ヶ月程度あけて、腫れが完全に引いて可動域が回復した時点で再建術を行います。入院期 間は1~2週間で、スポーツ復帰は術後6ヶ月程度です。

半月損傷

関節鏡手術を行います。半月板の状態を確認して、縫合が可能な部位であれば縫合を行います。リハビリには時間がやや長くかかります。縫合が難しい血流の悪い部位であれば部分切除術を行います。なるべく多くの半月板を切除しないように努力しています。入院期間は2日~2週間程度です。スポーツ復帰には縫合を行った場合は3~6か月程度、切除の場合は1~2か月程度を要します。

各科の外来担当はこちら