ページメニュー

タイトル

泌尿器科

当科は、自衛隊中央病との兼務の常勤医4名(日本泌尿器学会指導医3名、専門医1名)と非常勤医師1名、計5名で、毎日、診療を行っています。

尿路悪性腫瘍(腎細胞癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍)、尿路結石、前立腺肥大、過活動膀胱や尿失禁、内分泌疾患、尿路感染症など泌尿器科領域全般にわたって、地域に密着した診療を行っております。

男性の排尿障害で最も多い疾患は、前立腺肥大症ですが、薬物治療を中心とした治療を行っています。
しかし、排尿障害の程度、前立腺の大きさや年齢などを総合的に判断して、手術の方が症状をより改善すると考えられる場合は、内視鏡手術をお勧めしています。また、前立腺肥大症とともに前立腺癌を心配されて受診される方が増えております。

前立腺癌が疑われた場合は、前立腺生検をお勧めしております。
前立腺癌の治療法は、手術、放射線治療、内分泌治療等の色々ございます。
ご本人の病気の状態や治療法について詳しくご説明させていただき、年齢や家庭環境等にも合った、ご本人やご家族が希望される治療法を選択していただいております。
放射線治療に関しましては、自衛隊中央病院で行っておりますが、強度変調放射線治療(IMRT)ができるようになりましたので、膀胱や直腸など、前立腺の周りの臓器への障害をより少なくして、前立腺により強い放射線を照射することができるようになりました。

女性でもっとも多い疾患は、過活動膀胱は、薬物療法と骨盤底筋体操を中心とした行動療法を中心に治療させていただいております。
腎細胞癌や副腎腫瘍など腎・副腎疾患の手術は、条件に合えば、腹腔鏡手術を行うようになりました。

尿路結石に関しましては、保存的または内視鏡的な治療は当院で行っていますが、体外衝撃波治療を要する場合は、比較的迅速に、ほぼ、ご希望の時期に自衛隊中央病院で治療をさせていただいています。

フリガナ ミズグチ ヤスノリ  
医師名 水口 靖規
役職 泌尿器科部長
専門分野 泌尿器科一般
卒業年 1995年
資 格
(専門医等)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
フリガナ トコナベ シゲキ  
医師名 床鍋 繁喜
役職 泌尿器科医員
専門分野 泌尿器科一般
卒業年 1992年
資 格
(専門医等)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析学会専門医
フリガナ タカセ ミチオウ
医師名 高瀬 通汪
役職 非常勤医師
専門分野 泌尿器科一般
卒業年 1972年
資 格
(専門医等)
日本泌尿器科学会専門医

各科の外来担当はこちら