平成28年度 国家公務員共済組合連合会 三宿病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 37 112 135 173 261 600 961 1187 403
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 当院の所在地は目黒区になります。世田谷区にも隣接していて両方の区からの患者が多くいらっしゃいます。当院の退院患者は年々進む地域住民の高齢化に伴い、比較的高齢の方が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 21 19.29 21.25 0 87.14
100380xxxxxxxx 脱水症 11 15.73 9.33 18.18 79.27
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DROPスコア2 10 10.30 15.29 10 85.9
110310xx99xx0x 尿路感染症 10 21.7 12.43 20 84
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DROPスコア1 13.60
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 内科ではり患臓器に関わらず、内科疾患一般を対象に診療しています。近年の高齢化に伴い高齢の方の誤嚥性肺炎や尿路感染症の割合が多くなっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等あり 29 12.55 11.06 0 74.69
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症 26 9.08 7.44 0 70
060210xx99000x イレウス(腸閉塞) 25 8.68 9.08 0 76.04
060300xx97100x 肝硬変 食道・胃静脈瘤硬化療法等あり 24 12.08 14.28 0 62.96
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 21 6.52 5.50 9.52 59.24
 消化器では肝臓に関する病気を診る部門と、消化管に関する病気を診る部門があります。前者ではその成因、重症度、緊急性を問わず、あらゆる患者に対し入院治療を行います。特に肝硬変の合併症である食道胃静脈瘤、肝細胞癌に対しては、積極的に内視鏡治療、カテーテル治療、局所治療等を行います。また、腹水や肝性脳症等が増悪した進行肝硬変に対しては、患者さんの病態に合わせて、その都度専門的な集学治療を行います。後者では、救急で治療を要する病気(胆石、胃十二支腸閉塞)が多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全  64 22.34 17.95 14.06 80.47
050050xx02000x 狭心症 経皮的冠動脈形成術等あり 55 3.02 4.71 0 72.53
050050xx99100x 狭心症 心臓カテーテル検査あり 29 2.55 3.06 0 70.1
050030xx97000x 急性心筋梗塞 経皮的冠動脈形成術等あり 21 16.19 13.02 0 65.33
050050xx99200x 狭心症 心臓カテーテル検査+血管内超音波検査等あり 14 4.21 3.22 0 71.86
 循環器科では狭心症に対しての心臓カテーテルによる検査と手術を多く行っています。また、当院ではCCUネットワークという心臓疾患に迅速に対応するための東京都の活動に加盟しています。そのため救急での心不全や心筋梗塞の患者なども受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術等あり 30 4.4 5.60 0 34
060035xx01000x 結腸癌 結腸切除術等あり 17 14.76 15.92 0 73.35
060035xx99x50x 結腸癌 化学療法(オキサリプラチン)あり 15 3.13 4.42 0 73
060020xx02x0xx 胃癌 胃切除術等あり - - 17.65 - -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患 腹腔鏡下胆嚢摘出術等あり - - 6.82 - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 対象期間の外科退院(転科含む)は297件で、疾患別では大腸癌67件、虫垂炎40件、鼡径ヘルニア39件、胃癌33件、胆嚢疾患32件、腸閉塞15件、乳癌5件、肛門疾患5件、その他61件で手術、抗癌剤治療、再発治療などを行っています。DPCコード別の細分類による評価のため、上記の疾患別の診療実績と異なっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 71 19.73 20.57 66.20 82.72
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨等挿入術 肩、股等あり 67 27.31 27.63 82.09 81.43
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 21 5.33 5.49 4.76 52.05
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷 腱縫合術等あり 18 7.22 11.91 0 40.17
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 18 3.22 5.86 0 46.17
 当院では日頃より、通院患者及び地域の住民に対し骨粗鬆症の啓蒙と治療を積極的に行っています。老齢人口の増大とともに骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折の疑いにて来院される患者が増加していますが、当院では可及的早期にMRIを利用して正確な診断を行うとともに積極的な治療に努めています。同様に骨粗鬆症に伴う大腿骨近位部骨折に対しても積極的に手術治療を行っています。状態が落ち着いた後は、地域連携パスにより当院と連携態勢にある回復期リハビリテーション病院などに転院し、当院と共通化したスケジュールのもとリハビリテーションを受けていただきます。また加齢とともに増加する脊椎疾患や変形性関節症に対しての治療経験も豊富です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭部外傷 33 12.09 7.52 15.15 68.39
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 32 24.72 19.35 62.5 68.69
160100xx97x00x 頭部外傷 その他の手術あり 31 7.32 9.87 9.68 56.71
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等あり 19 18.26 11.83 5.26 81.95
010060x2990501 脳梗塞 グルトパあり 15 17.13 19.67 26.67 66.13
 脳神経外科では頭部外傷による脳挫傷、脳出血となった患者や慢性硬膜下血腫となった患者を多く診ています。また発症間もない脳梗塞に対して血栓を溶かす薬による治療も行います。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 エダラボンあり 39 21.05 16.54 17.95 75.21
010060x2990201 脳梗塞 リハビリあり 22 20.95 16.73 22.73 75.27
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 17 9.71 6.38 0 68.24
010060x2990411 脳梗塞 エダラボンあり 副傷病1あり 15 31.2 18.76 46.67 83.67
010160xx99x00x パーキンソン病 12 24.67 18.71 0 76.08
 神経内科では主に脳梗塞の入院が多いです。急性期点滴治療に加え、早期からの積極的なリハビリテーションを行っています。また、近隣の回復期リハビリテーション病院と連携し、後遺症が残存する方は転院して、さらに集中的にリハビリテーションが受けられるような体制をとっています。その他、パーキンソン病、認知症などの疾患を多くみています。また、当院は目黒区認知症疾患医療センターに認可されており、認知症に伴う身体疾患や合併症も幅広く受け入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術あり 12 9.25 9.98 0 76.33
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術あり 化学療法あり - - 7.85 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術あり - - 7.44 - -
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 化学療法あり - - 11.72 - -
110310xx99xx0x 尿路感染症 - - 12.43 - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 泌尿器科では排尿が困難となった前立腺肥大症の患者に対して内視鏡にて前立腺を切除する手術を行っています。特に薬物による治療で効果の得られない前立腺肥大症の患者が対象となります。また、前立腺癌の検査(PSA検査、MRI検査、前立腺生検)も積極的に行っています。前立腺癌と診断された場合は手術や放射線治療、ホルモン療法などを提案しています。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全あり。) 85歳未満 13 16.31 12.20 0 70
100071xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全あり。)インスリンあり 85歳未満 10 10.3 14.91 0 59.2
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 21.25 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全なし。)85歳未満 - - 11.48 - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 内分泌代謝科では2型糖尿病の教育入院と血糖コントロールを中心に入院診療を行っています。そのほかにも糖尿病患者に合併した感染症、1型糖尿病、甲状腺疾患などの内分泌疾患の入院も受け入れています。また、他診療科の入院患者の血糖管理も行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ)あり 27 19.41 16.83 11.11 75.56
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血あり 化学療法あり 18 48.22 41.96 16.67 67.67
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫 化学療法(ボルテゾミブ等)あり 13 24.31 25.11 0 80.15
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 13 11.62 19.24 7.69 84.23
180035xxxxxxxx その他の真菌感染症 13 34.38 30.97 15.38 81
 血液内科の入院患者は造血器腫瘍(白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)が大半を占め、その診療内容は同疾患に対する化学療法や併存する細菌性または真菌感染症(肺炎、敗血症、尿路感染症など)に対する抗菌薬治療です。その他、指定難病である再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病の診断や治療も行っており、早期に外来治療に移行できるよう、迅速に対応しています。これらの患者は年々増加傾向にあり、中でも高齢の患者が増えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - 11 1 7
大腸癌 12 11 - - 12 31 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
●日本で患者数の多い5つの癌を病期(stage)別に集計したものです。
●病期(stage)とは癌の進み具合を表すもので、以下の3つの項目により決定します。
1.癌の大きさや進行度がどの程度か
2.リンパ節転移があるか
3.他の臓器への転移があるか
●複数回入院しても1例として集計しています。
●「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移を来した場合です。

 当院の初発の5大癌の合計は(再発除く)胃癌27件、大腸癌40件、乳癌4件、肺癌14件、肝癌14件となっており、大腸癌の件数が最も多くなっています。外科的手術、内視鏡による手術、化学療法、放射線療法等行い、どの癌においても幅広いstageの患者を診ることができます。また、再発となった患者の診療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 95 14.52 82.76
重症 20 30.1 85.45
超重症 - - -
不明 - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
●市中肺炎とは日常生活を送っている人が、病院・診療所以外の場所で感染し、発病した肺炎のことです。高齢者では症状がはっきりしない場合もあり、できるだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間で投与する必要があります。
●市中肺炎の重症度は以下のA-DROPシステムによりいくつの項目が当てはまるかで判定します。
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN(尿素窒素)21㎎/dl以上または脱水あり
3.SpO2(血中酸素飽和度)90%以下
4.意識障害(肺炎による)
5.収縮期血圧90㎜Hg以下
●最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、気管支炎、急性細気管支炎で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18で始まるものに限定しています。
●インフルエンザ等、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎も除外しています。

 当院に肺炎で入院するのは、高齢者が多くなっています。年齢が上がるほど重症度が高くなり在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 25 8.64 70.28 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 217 31.5 76.81 37.13
その他 20 35.6 75.8 0.84
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
●脳梗塞とは脳の血管が詰まることにより、脳組織が壊死してしまう病気で、脳卒中での死亡のうち約25%を占めています。
●表にある傷病名は脳梗塞を病型別に分類したものです。
●最も医療資源を投入した傷病名が上記のICD10コードとなる患者数を、発症日から3日以内とそれ以外とで分けて記載しています。
●1入院を1件として集計しています。

 脳梗塞の方の多くが、発症3日以内に来院しています。後遺症が残る場合には近隣の回復期リハビリテーション病院に転院して、さらに集中的にリハビリテーションが受けられるような体制をとっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 37 1.05 1.92 2.7 73.32
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 3.12 13.12 4 75.84
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 20 3.60 8.9 5 69.85
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 19 6.68 14.84 5.26 70.95
K533 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡) 18 1.78 12.44 0 63.33
 消化管部門では大腸ポリープの治療を多くしますが、大半は外来で行います。胆管炎、胆管閉塞の内視鏡的治療を多く行っています。肝臓部門では出血した食道・胃静脈瘤患者を積極的に受け入れ、緊急あるいは待機的に内視鏡治療(硬化療法、結治療)を行います。また、出血する可能性が高いと推察される食道・胃静脈瘤が見つかった患者に対しては、積極的に予防的な内視鏡的治療を行い、予後の改善に努めます。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 54 1.76 4.52 0 75.04
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 11 0 11.27 0 64.73
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 2.6 2.8 10 76.7
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症) - - - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 循環器科では多い順から2つとも狭心症に対する手術になります。心臓周りの動脈の狭窄部位にカテーテルを挿入し、バルーンにて狭窄部を広げるものが経皮的冠動脈形成術で、バルーンにて広げた部位をステントで補強するのが経皮的冠動脈ステント留置術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.45 2.81 0 64.35
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.9 2.7 0 34.4
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 2.06 7.06 0 60.61
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 3.24 12.29 5.88 73.94
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.2 2.8 0 33.2
 対象期間の外科退院患者に対する手術件数は212件です。疾患別の手術件数は、鼡径ヘルニア37件、虫垂炎36件、大腸癌33件、胆嚢疾患28件、胃癌16件、腸閉塞9件、肛門疾患5件、乳癌4件、その他44件です。Kコード別術式の細分類による評価のため、上記疾患別の手術件数と異なっています。Kコード別では患者に負担の少ない腹腔鏡での手術が増加し、入院期間も短くなってきています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 55 3 20.16 69.09 77.58
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 37 2.65 8.49 13.51 51.84
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 28 1.14 32.25 3.57 73.71
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 25 0.96 1.24 0 48.64
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 20 4.6 24.8 80 82.75
 高齢者に多い大腿骨近位部骨折をはじめ、すべての年代にわたり、あらゆる骨折などの外傷に対して積極的に手術などの治療を行っています。また加齢とともに増加する変形性関節症に対する人工関節置換術や脊椎疾患に対しての治療経験も豊富です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.61 14.61 4.35 78.48
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 0.43 47.07 50 60.86
K145 穿頭脳室ドレナージ術 12 0.33 54 75 76.83
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 脳神経外科で最も多いのが、外傷後に発生した血栓を洗浄ドレナージして排除する手術です。次に多いのはくも膜下出血の原因である破裂した動脈瘤をクリップし再破裂を防ぐ手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 252 0 1.01 0 76.83
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2681 緑内障手術(虹彩切除術) - - - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
 眼科では白内障の患者さんを主に診ています。この手術は水晶体を摘出した後、眼内レンズを水晶体の場所に固定するものです。ほぼすべての患者さんが1泊2日で帰られます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 18 1.22 5.17 0 74.61
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 12 1.42 6.83 0 76.33
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K8282 包茎手術(環状切除術) - - - - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
泌尿器科では血尿が出現した患者に対して、尿検査、超音波検査、CT検査、内視鏡検査を行い原因となる疾患を診断します。原因疾患では、膀胱炎、尿路結石、尿路腫瘍があります。膀胱腫瘍を認めた場合内視鏡的に切除を行います。早期癌のことが多く、内視鏡手術で完治しますが、進行している場合は膀胱全摘除や化学療法等を行うことがあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.31
異なる 17 0.44
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 15 0.39
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
※症例数が10未満の場合『-』で表示しています。
●医療の質の向上のため、臨床上ゼロにすることは難しいですが、少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発症割合を示しています。
●入院契機の項目は入院時に診断された傷病名と最終的に診断された傷病名が同一であるかの区分です。
●免疫力が低下しているときに合併して発症することが多いです。
更新履歴
2017/9/26
平成28年度 病院指標 公開